遂に晴れた6th D-meeting!

・・・とは言っても、2日目だけなんだけど・・・。
雨のD-meetingと異名を取って久しく、昨年は台風にまで直撃されたのだから、みんなのその声も無理はない。
一応、言っておくと過去5回のうち4回は確かに雨に降られているが、それでも2日間開催のうち1日は晴れ間は出ているのだ。
まあ、全国のミーティングに行っても『平日開催のミーティングを主催してます。』と言えば大体、聞いた事があるという返事と共に『あの、いつも雨のヤツでしょ?』と・・・雨のおかげでかなり認知度も高まったと思えば、このままずっと『平日の雨の日開催のミーティングやってます。』で通していっても良いかなとさえ思う。(笑)

正直に打ち明けると、このレポは『まだアップしてないの?』と言われ続けて、『7回目の前までにはアップするよ』と言いつつ中々出来ず、いよいよその7回目を来月に控えた今になってのアップなのだ。
なもんだから、昨年の記憶も薄れ、どちらかというと来月のD-meetingへ掛ける思いと昨年の報告とが入り交じった内容になる事を先にお断りしておこう。

会場を変えて2回目となる2005年のD-meetingはスタッフ、出店含めて参加総数530人と過去最高の人数となった。
D メンバーとフレンズスタッフの力を借りながら、まだまだ小さいながらもひとつの区切りである500名を超すミーティングにまで成長したのは、何かホッとした気持ちと次のステップへの課題を嫌が追うにも感じざるを得ない。

11月14日月曜(曇り)
前日準備のため昼前からスタッフが集まってくる。
前回同様準備の日はまずまずの天候だ。
会場のレイアウト決め、公道への誘導カンバン設置、音響設備のセッティング、受付・本部の設置・・・。慣れた段取りで順調に進む。
夕方頃から出店のショップさん達も会場入り、同じ頃に仕事を終えて駆けつけるスタッフ達。
陽も暮れ始めた頃、前夜祭として明日からの2日間全力で頑張ってもらうスタッフ達との懇親会が出店の人たちも交え始まる。明日は早い、深夜0:00に強制的に就寝。

11月15日火曜(雨・・・)
スタッフみんなのかすかな希望も見事お約束通り裏切られ、予定通りの雨。
まあ、去年の台風より全然マシだよとお互いを元気づける健気なスタッフ達であった。
今年はどうかな?雨でもみんな来てくれるかな?
毎年の事ながらゲートオープンしてからの数時間はどうも落ち着かない・・・。
それでも・・・やって来る・・・。
坂の下からバイクの音が聞こえてくる。
ポツリ、ポツリとだけれど一人また一人と会場内に人が集まってくる。
早くからの参加者は、おそらく平日休みでミーティングには来た事がないと言った感じの人たちだ。雑誌で見るあのミーティングの写真の様な光景を期待していたのだろうか、会場内のまばらな雰囲気に戸惑い気味なのが感じて取れる。

けれども午後からは時間が過ぎるのと共に次々とバイクがやって来る。
他のミーティングで顔なじみのヤツ、生まれて初めてミーティングに来たと言う若いバイカー。



雨の中、続々とそれも笑顔でやって来る。
『また、・・・』と言いかける言葉を遮る『そう!みんなの期待に応えて今年も雨です!!』と言うと『そうだね〜』ととてもいい顔して笑ってくれる。
自分も他のミーティングに参加する時はその日が雨だろうと、バイクで行きたいから行く。
そして会場に着いた時の『雨でも来たぜェ〜』っていうちょっと自信に満ちた達成感が自分自身嬉しかったりする。
きっとみんなそうなんだろう。
平日休みだから年に一度このミーティングだけが楽しみなんだと言ってくれる。
D-meetingにはそりゃ来ない訳にはいかないでしょ!と言ってくれる。だからこそ、多少の雨なんかは笑ってやり過ごして、今夜思い切り楽しもうとワクワクした顔でやって来るのだろう。
そんな彼らがとても頼もしく、この場所を続けて行かなければならないと改めて思うのだ。

出店35店舗、おなじみのショップ、ミーティング初デビューのショップ、遠方から一晩走って来てくれるショップ、『絶対数が少ないから決して儲かりませんよ』と言うにもかかわらずやって来てくれる。『人数が少ないからこそ自分たちも酒を飲みながらゆっくりミーティングを楽しませて貰うよ』と言ってくれる。D-meetingの考え方のひとつにはその会場にいる全ての人がそれぞれに楽しめる場所にする事。キャンプの人も日帰りの人も、出店の人も、もちろん自分達も。
だから他のミーティングでは、主催側が一緒になって酒を飲んだり焚き火廻りで語ったりって事は余りないと思うけど、D-meetingではそれをやらせて貰っている。
自分達も平日休みで他に行けるミーティングがない。
だからD-meetingは俺らにとっても大切な”Meet”する場所なのだ。

D-meetingの華のもう一つは全体ミーティングとLIVE。
全体ミーティングは素人ながらの慣れないステージ進行だけれど、来てくれたみんなにより楽しんで貰おうと最長距離参加者賞とか夫婦バイカー賞とか、その場のアドリブで会場を盛り上げる。
全体のミーティング。
言葉通りそれはステージ前にみんなに集まって貰い、ステージからの声をきっかけに隣の人と”MEET”が出来ればと思い1回目から必ず行っている。
まあ、みんな知ってか知らずか勝手に知らない者同士が肩組んで盛り上がっているけど・・・。
そしてLIVEは言わずもがな、1日目最後の大宴会。酒を片手に踊り出すヤツ、ステージに上がりみんなに自己アピールをし始めるヤツ。みんなの盛り上がりも最高潮に達する。
気がつくと夜空に月が出ていた。
D-meetingの夜に月なんて何年ぶりだろう・・・。

そして、11月16日水曜・・・晴れ!
朝から『D-meeting晴れたね〜!』とみんなから声を掛けられる。
照れくさいの半分、ホッとしたの半分。
そんなみんなの笑顔が太陽の光を受けて更に眩しかった事が一番嬉しかった。

さあ、今年2006年のD-meeting 7thまでもう少し。
あの坂道を駆け上がってくるバイクの音とみんなの笑顔が今から目に浮かぶ。